サーフスケート/オススメ2選/カーバー/レビュー/カーバー社のマーケティング上手い!

こんにちは皆様♪

あなたの中で、あなたが今迄経験して来た中で、1番好きなスポーツは何ですか?

そして、自分で体験して難易度が1番高かったスポーツって何ですか?

私自身子供の頃から、野球に始まり、柔道、バレーボール、バスケットボール、テニス、サッカー、ゴルフ、アイススケート等 様々なスポーツを経験して来ました。どんなスポーツも、ある程度のレベルまで練習して出来るようになりました。

ナムさん
見方を変えると、どれも中途半端と言うことよねw

でも、それと同時に、スポーツを通じて様々な事を学ぶ事ができました。自分の子供達にスポーツを教える時にも、とても役立ちました。そして自分にはチームプレイが全く向いていない事もよく知ることができました(スポーツだけではなく)

何でもやってみるものです

やらなければ何も解りません

そして自分が今まで経験したスポーツの中でダントツ難易度が高く、ある程度出来る様になり、例えようのない達成感.充実感を味わう事が出来たスポーツが、ひとつだけあります。

それはサーフィンです。

でもサーフィンはもう6.7年前ぐらいに完全に辞めてしまったので、最近再開してみた(サーフスケート)について、誰かの参考になればと思い記事にしますね♪

サーフスケート/カーバー/carver/サーフィンを始めたきっかけ

ある日友人からお誘いがありました。

love
サーフィンをやってみたいから一緒に行ってくれない?

別にいいけど、サーフィンなんか誰でもできるでしょ!あんなの簡単!誰でも出来るでしょ!

と、豪語していました

そして初めてサーフィンをする為に海に行った時は衝撃を受けました。

今までどんなスポーツでもある程度、自分の中では形にする自信があったので、多少なりとも何か出来ると思っていましたが、パドリングなど、当たり前のように全く出来ず、沖で波待ちをしている人達が、何か特別な力を持っている超人に見えました。

そして次の日から波のない池等でもパドリングの練習、筋トレ等にも力を入れ始め、結局サーフィンで初めてテイクオフする事が出来たのは、ほぼ年中海に行って、サーフィンを始めてから、半年を超えた頃でした。

サーフィンはとにかく奥が深いスポーツだと思います。

初めてテイクオフした時の感覚は今でも覚えています。決して大袈裟ではなく(地球の呼吸と1つになる感覚)

サーフィンの事を書き始めると、本が出来てしまいそうな位なので、この辺でやめておきますwww きっかけとしてはこのような感じでした。

サーフスケート/カーバー/Carver/とは何?

もちろんサーフィンは海でしか出来ません。そして実際に海で波に乗ることが出来る時間は、とても少ないです。

ほとんどがパドリングの時間です。

なので陸上でサーフボードの動かし方を、イメージトレーニングする為に、(サーフスケート)と言うカテゴリが出来たのだと思います。

サーフスケートは同じく横乗り系のスポーツ、スノーボードのオフトレにも使用されています。

サーフスケートの種類

現在代表格といえば(Carver)(カーバー)ではないでしょうか?カーバーは、1996年LA発祥のサーフスケートブランドです。

その他にも、スペイン発祥の(YOW SURF SKATE)(ヤウサーフスケート)、(SMOOTH STAR)(スムーススター)等、色々とありますよね。

基本的にはフロントトラックが左右にスイングする設計が多く、えぐるようにスムーズにターン出来る設計になっています。

海外等では割と(SMOOTH STAR)(スムーススター)を勧めている方も多くいますが、日本でパーツ供給等のことを考えた時に、選択肢としては(Carver)(カーバー)か(YOW SURF SKATE)(ヤウサーフスケート)の2択で良いのではないでしょうか?

両方ともデッキのサイズや、デザイン、そしてウィールベース等も選ぶことが出来、パーツ供給も困ることが無いのではないでしょうか。

その他にも(CARVE BOARD)(カーブボード)画像の様に大きなタイヤがついていて、タイヤに空気を入れて使用するタイプのものなどありましたが、現在では生産されていないのではないでしょうか。

これは私自身実際に購入した事がありますが、良いレビューをしている人もいますが、とても重くて、平地で遊べるものではありませんでしたよ。坂道でもタイヤが大きい割にはグリップが悪く、後輪がすぐ滑り、とてもお勧めできるものではありませんでした。

その他2輪タイプのものや(プッシュが大変)私がとてもお気に入りだった(トーショントラック)のブランド等、様々なタイプの(サーフスケート)がありましたが、会社自体が無くなってしまった物も多くあります。

そんな中で(Carver)(カーバー)か(YOW SURF SKATE)(ヤウサーフスケート)に関しては、様々な国でマーケティングが成功していて、私自身の個人的な感想はCarver surf skate boards(カーバー)のサーフスケートの機能もいいと思いますが、何より

マーケティングが上手いと思います

かなり以前からYouTubeの動画でも音楽とミックスしたイメージビデオをアップしていて、いまだに多く再生されてます。多くの人のイメージの中にサーフスケートイコール/カーバー/carver/に印象付けられているのではと思います。

カーバー/Carver/オススメYouTube

この動画、腰がしっかり落ちていてめちゃくちゃかっこいいですよね

carver オフィシャルYouTube

ついでに私の動画も置いておきますね。見比べないでくださいねwww

カーバー/carver/my YouTube

サーフスケート/カーバー/Carver/の種類

現時点でカーバーの種類は、トラック別で3種類の選択肢があります

どれを選んでもサーフスケートとして楽しむ事が出来ますが、それぞれ特徴があるので記載しておきますね。

カーバー/carver/トラック/特徴

①c7トラック

カーバーの昔からある基本的なトラックです。昔乗ったときにはターンする時にフロントウィールとデッキが干渉することがありましたが、現在では改良されています。カーバーの中ではフロントトラックが1番左右に動きます。

選択方法としては、狭い平地で練習する方にはc7トラックが向いていると思います。

②cx4トラック

c7トラックの次に発売されたトラックで、トラックの重さも軽く、c7トラックに比べるとプッシュも安定していて、ドライブを効かせたターンが可能です。c7トラックで、ダウンヒルは不安定ですが、cx4トラックでは、ダウンヒルでも安定しているので、楽しみ方が広がると思います。

平地でのターンの半径はc7トラックよりも広くなります。

(ウィールベースが同じ場合)

③c5トラック

c5トラックはcx4トラックに似ていますが、トラックの高さがより低くなっていて、名前から分かる様に、ストリート向けと言うか一般のスケボーに寄せたモデルだと思います。

トラック比較記事

皆様こんにちは! 少し前からサーフスケート等のYouTube、ブログ記事等、あげてますが、パンデミックの影響もあるのかどうか分かりませんが、10年位前に比べると、ロンスケ含めてスケートボード、インラインスケート等、やっている人達がとて[…]

サーフスケート/カーバー/Carver/のオススメ

私個人的な感想ではcx4トラックがオールマイティーに使用できて良いのではないでしょうか。

スケートする場所が平地で狭い駐車場等がメインの場合はc7トラックをオススメします。

カーバー/Carver/のデメリット

サーフスケート/カーバー/Carver/のデメリットと言えば、これはもう価格です。

カーバーの日本での流通価格は4万1千円〜4万7千円位、その割にはコンプリートで使用されているベアリングはABEC6はっきり言って数千円で売っているスケートボードのベアリングの方がよく回ります。今では中国製のベアリングでもABEC9のよく回るベアリングが安く手に入ります。

アメリカ等では、私が持っているものと同じカーバーで、約2万円代で購入できます。

アメリカの販売店の考え方としては、購入してから自分でカスタマイズしなさい、といった考え方だと思いますが、日本とは違います。

消費者目線で考えると正直ベアリング位サービスでつけてあげたらっ?て気持ちが正直なところです。

カーバー/carver/の価格について文句言ってますw my YouTube

カーバー ブルーレイ CX cx4トラック Carver 30″ Blue Ray Surf Complete Raw

白い方はc7トラックです NOMAD C7 COMPLETE MULTI 30.25″

カーバーベアリング交換方法

皆様こんにちは カーバー/carver/yowサーフスケート等について先日記事にしましたが、その中で少し触れていた(カーバー)(carver)のベアリング交換、ウィール交換等、スケートボードの消耗品について記事にしておきますね。 […]

Yowサーフスケート/YOW SURF SKATEとは

カーバーの後発組ですがスペイン発祥のyowサーフスケートについても触れておきますね。

私は実際には使用したことがないですが、海外の方のレビューとか参考にしてみると、カーバーのc7トラックをより柔らかくしたトラックだと思います

慣れないうちは、プッシュが不安定だと思いますが、平地でのスケーティングに向いているのではないでしょうか。

Yowサーフスケート/YOW SURF SKATE/トラックの種類

基本的には2種類のトラックがあるようです。

① Yow System S4

② Yow System S5

上記の2種類で、s4は柔らかめ、s5は硬めのトラックに分けられています。

そしてカーバーとの大きな違いはピンでトラックのスイングを固定させることが出来、普通のスケートボードの様な使い方もできる所が特徴ですね。

デッキやウィールベース等もカーバーと同じく様々なタイプが用意されていて、面白そうです。

価格帯はカーバーよりも安価になっています。

Yowサーフスケート/YOW SURF SKATE/参考YouTube

これを見るとトラックが柔らかい事がよくわかります。

 

サーフスケート/カーバー/carver/yowサーフスケート/まとめ

価格はそこそこしますが、カーバーにしてもyow サーフスケートにしても、地上でサーフィンやスノーボードのようなアクションを楽しめる、そして思ったより下半身の筋トレになったりもします。

腰周りに脂肪がついてしまった方等、1時間もやっていると多分ウエストが2センチ位細くなるのではないでしょうか。

筋トレお金と時間の節約

皆様こんにちは! 元々サーフィンのオフトレの為に始めた筋トレ[ウェイトトレーニング]について記事にします。筋トレ歴で言うと20年ぐらいやってます。ちなみに途中で何回も辞めてもいます。どんなことでも、三日坊主でも、三日坊主を繰り返して継[…]

サーフィン未経験の方でも楽しむことができます。

ナムさん
ここまでお読みいただきありがとうございました。
カーバーデッキ交換

皆様こんにちは! 先日カーバー(Carver)でダウンヒルの動画を撮ったのですが、その際にどうしても前足が前の方にずれるのが気になっていました。 当然ながら人間の身長も体重も足の長さも人それぞれです。 サーフボードと同じく[…]

最新情報をチェックしよう!