カルロス・サンタナ/74歳で現役/ニューアルバム/Blessings and Miracles/リリース

こんにちは皆様。

今回、多くのギタリストの中でも好きなギタリストの中のひとり(カルロスサンタナ)に関してにしての記事です。

過去には(哀愁のヨーロッパ)等ギターに興味のない人でも聞き覚えのあるヒット曲等があるのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

そんなカルロスサンタナ…もう74歳なんですね、まさに世界のミュージックシーンのレジェンドといっても過言ではないでしょう。

そんなカルロスサンタナが、ロブ・トーマスチック・コリア等豪華ゲストを迎えて、ニュー・アルバム(Blessings and Miracles)を2021年10月15日にをリリースしました。

74歳になっても音楽に対するモチベーションが消えない…

尊敬します…

カルロスサンタナの特徴といえば、少し聞いたら、サンタナの音だ…..とわかる官能的なギターサウンドにあると思います。

個人的にはボーカルと絡んでいる、サンタナが好きです。

出しゃばりすぎずにボーカルと絶妙に絡んでサンタナらしさを出しているところがたまらないです。

そんなカルロスサンタナの経歴から記事にしていきます。

カルロスサンタナ/経歴

ウィキペディアをご覧くださいね

ちなみにサンタナはバント名になります。

繰り返しになりますが、改めて74歳まで世界のミュージックシーンの前線で活躍をしている事に敬意を表します。

そんなサンタナ….順風満帆に今日に至るわけではなく、90年代にリリースしたアルバム3枚が売れずに、低迷期に入ります。

そして1999年にアルバム、スーパーナチュラルをリリースします。

これが起死回生の大ヒット、グラミー賞で9部門を授賞し、アルバムが3000万枚以上売れ、ビックヒットとなります。

アルバム、スーパーナチュラルの中のミシェル・ブランチとコラボした(The game of love)

ニューアルバム(Blessings and Miracles)でもコラボしている、ロブ•トーマスとの(smooth)

最高です。いまだによく聞いています。

シェアしておきますね

サンタナ/ミシェル・ブランチ/The game of love

サンタナ/ロブトーマス/Smooth

ニューアルバム(Blessings and Miracles)からロブ・トーマスとの(Move)もシェアしておきます。

サンタナ/ロブ・トーマス/Move

Smooth に曲調が似てますね、かっこいいと思います。

カルロスサンタナ/使用ギター

過去にはヤマハのSGをよく使用していましたが、現在では作りの丁寧さや、ネックには、バードインレイ等綺麗な仕上がりに定評がある人気ブランド(Paul Reed Smith Guitars)(ポールリードスミス)ですね。ちなみにヤマハSGサンタナモデルなのですが、500万円位の価格で売買されてます。

ポールリードスミスと言うと、エレキギターのイメージが強いですが、アコースティックギターも出してます。もちろんネックにはバードインレイが施されていて、とても綺麗なギターです。

ポールリードスミスと言うと、エレキギターのイメージが強いですが、アコースティックギターも出してます。もちろんネックにはバードインレイが施されていて、とても綺麗なギターです

ポールリードスミスと言うと、数十万円のイメージがありますが、SE シリーズは、お手頃価格で手に入ります。

好きな事を長年やり続ける事の大切さをカルロス•サンタナを見て感じました。
ここまでお読みいただきありがとうございました。
関連記事

皆様こんにちは ステファニーポエトリー(Stephanie Poetri)さんタミアウリア(Tami aulia)さんに続き、インドネシアのおすすめミュージシャン(Josephine Alexandra)(ジョセフィーンアレクサンドラ[…]

最新情報をチェックしよう!