Carver/カーバー/トラックの調整方法/自分に合ったセッティングで乗ろう

カーバーのトラックを調整することによって、乗り味も変わります。

人それぞれ体重も違いますので、自分の乗りやすいようにトラックの調整をすることをお勧めしますこの記事ではトラックの調整方法、及び注意点等に関する内容が書かれています。

カーバー/トラックの調整方法

カーバーに限らず、スケートボード全般に言えることですが、トラックのキングピンのロックナットを閉めたり緩めたりすることによって、トラックの反応の仕方が変わり、乗り味が変わります。

カーバーの場合画像のキングピンのロックナットで調整します。基本的に体重が重い方はナットをしめて硬めに調整するのが一般的だと思います。

フロントトラック、リアトラックともに、緩めに設定するとトラックの反応が良くなり、硬めに設定すると反応が遅めになります。

緩めに設定した場合、トラックの反応は早いですが、安定性が少なくなりプッシュ等やりにくくなる特性があります。

自分でいろいろ試してみて1番乗りやすいセッティングを見つけて下さいね。

カーバーのc7トラックはフロントトラックの場合、調整箇所が2カ所になります。

キングピンのナットと、スプリングボルトで調整することができます。

ピボットボルトはガタのないように締めておいて下さいね。

cx4、c5トラックの調整箇所はキングピンのロックナットのみです。

カーバー/トラック調整の注意点

ロックナットの緩め過ぎには注意が必要です。

スケート中にトラックが外れてしまったらとても危険なので、調整した際にはしっかりとチェックしましょう!

関連記事

皆様こんにちは カーバー/carver/yowサーフスケート等について先日記事にしましたが、その中で少し触れていた(カーバー)(carver)のベアリング交換、ウィール交換等、スケートボードの消耗品について記事にしておきますね。 […]

カーバー/トラック調整/まとめ

人それぞれ体重も違いますので、トラック調整は必要だと思います。

スケートする場所に応じても最適な調整をした上でスケートすると上達も早いのではないでしょうか。

セッティングをいろいろ変えてみると、乗り味も変わり、楽しいと思います。

トラック調整の際には六角レンチを使います。

調整のついでに、ウィールのナットの緩みがないか、デッキとトラックの取り付けがしっかりとされているかなど、マメにチェックしてみてくださいね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
関連記事

皆様こんにちは! 少し前からサーフスケート等のYouTube、ブログ記事等、あげてますが、パンデミックの影響もあるのかどうか分かりませんが、10年位前に比べると、ロンスケ含めてスケートボード、インラインスケート等、やっている人達がとて[…]

関連記事

こんにちは皆様♪ あなたの中で、あなたが今迄経験して来た中で、1番好きなスポーツは何ですか? そして、自分で体験して難易度が1番高かったスポーツって何ですか? 私自身子供の頃から、野球に始まり、柔道、バレーボール、バスケッ[…]

関連記事

皆様こんにちは! 先日サーフスケートの練習場所について記事にしましたが、探せばあるものですね! 車の往来は多少あるものの、事前に車の少ない時間帯を調べておいて、サーフスケートにぴったりな長い下り坂を見つけたので、YouTubeの[…]

最新情報をチェックしよう!