必要のない仮想通貨を有効活用 (古物商 × ブロックチェーン)

日本ではバーコード決済の普及により電子決済が一気に普及する形となりましたね。

これによって仮想通貨取引のハードルが大幅に引き下げられる可能性が出てきますね。

とはいえ、ビットコインは投資、投機目的で

保有する方が多いのも事実です。

中には未上場の仮想通貨は売却などして、手放したいと考えている方も多くおられるのではないでしょうか?

こんな方達を対象にしたサービスが、日本でスタートします。

仮想通貨市場に、どんな影響を与えるのか楽しみだと思います。

引用 ━━━━━━━

28日、一般社団法人 暗号資産古物商協会

が設立されました。

古物市場を通じて各種未上場「仮想通貨トークン」の需要拡大や流動性向上が期待されますね。

設立の背景には、「暗号資産(仮想通貨)は

投機目的の売買が多く、日常決済には、ほとんど利用されていない状況」これを改善することがあると言う事です。

暗号資産での古物の売買は、2019年9月に警察庁から合法であると公式見解を得ている。

暗号資産で古物以外の物を売買することには

基本的に規制は無く、結論としては古物商であれば、ほとんどの物を暗号資産で売買可能です。

古物とは、中古品などをビジネスとして売買したり、交換したりする個人および法人のこと。

古物商とは、各都道府県の公安委員会の許可を得て、古物営業法に規定される「古物」の売買等をされている事業者のことを指します。

暗号資産古物市場の存在は、暗号資産の保有者にも、メリットをもたらすのではないでしょうか?

余った通貨で物品が購入できるだけでなく、

企業などが自社発行の暗号資産により、設備などを購入することなども考えられますよね。

逆に、暗号資産が欲しい人は、物品を販売することによって取得可能になります。

引用ここまで ━━━━━

暗号通貨、仮想通貨が物品を基軸として流通される事が考えらます。

現代では、ヤフオク、メルカリなど個人と個人の売買取引が盛んになっていることを考えると、今回の古物商 × 仮想通貨の組み合わせはホールド、塩漬けされた暗号通貨、仮想通貨を流動させるためにとても良い材料となる可能性があるのではないでしょうか。

ポイントサイトを利用してビットコインに!

普段の生活の中からBTCを増やす

日常生活の一部から、ビットコインへ換えることができるサービスをいくつか紹介しようと思います。

普段消費して終わりのお金を少しの工夫で、ビットコインに換えれるなら嬉しい。

という方は参考にしてみてくださいね。電気やガスで支払った分の一部を ビットコインに⁉

『coincheckでんき・ガス』

これは「coincheck」という

日本の仮想通貨取引所が始めてたサービスです。

サービス内容

毎月の電気料金の1~7%分のビットコインが貯まる。というものです。

そして、支払いでも電気代をビットコインで支払うと1~7%割引になるサービスもあります。%の割合は各都道府県や使用A(アンペア)によって変わります。

対応していない場所もあるので詳しくはcoincheckのホームページをみて下さい。

他にも、ガス料金も最大3%分のビットコイン還元や割引が用意されているので、一緒に参考にしてみるとお得になると思いますよ

ふるさと納税でビットコインをもらう

ビットコインをお得にもらうサービスは

仮想通貨取引所の

『bitFlyer(ビットフライヤー)』

がいち早く取り入れていましたが、少し前に「ふるさと納税」でもビットコイン還元がされるようになりました。

商品価格の0.6~1.2%相当がビットコインとして還元されます。

商品を紹介しているサイトによって還元率は変わってくるようですね。

他にも、最近、Tポイントからでもビットコインへ交換できるサービスも始まり、100ポイントから交換できるようになりました。

もし、ずっとTポイントを貯めていたけど、使い道がなくて貯まっているという人は、この機会にビットコインへ換えても面白いのではないでしょうか?

まだご存じのない方も多くおられると思いますが、ポイントサイトのハピタスや、モッピーでも、たまったポイントをビットコインに簡単に交換することができます。

こういった細かいポイント交換などは女性、特に主婦の方などが得意ですよね!

私の友人でも女性の方が、かなりポイントを、ビットコインに交換して保有されています。

お読みいただいた方ありがとうございます。

仮想通貨リブラ

最新情報をチェックしよう!