タイ[海外旅行]で、病気・怪我をした場合 タイの医療

一般的に海外の医療費は日本よりも高額だと言われてますが、タイの医療事情はどうなっているのでしょうか。

タイの病院の医療水準

タイの病院の医療水準は、バンコクなど主要都市の公立基幹病院や、私立病院のレベルは高く、例えばバンコクの主要な私立病院であれば、日本の病院の医療レベルと比較しても、ほぼ変わりはないほど高いレベルにあります。医療レベルは高いですが、医療費も日本よりやや高め。また、支払い能力が無いと判断されれば治療を受けることができない場合もあります。その辺はシビアです。

タイでの治療費

タイ旅行で、短期間にでも、旅行中に不慮の事故や病気なってしまったりするケースは十分に考えられるわけですが、タイの病院の治療費はいったいどれくらいなのでしょうか。

タイの病院 治療費の例。盲腸手術の総費用は約50万円以上

例えばタイ旅行中に盲腸になり、手術と2、3日の入院をした場合、治療費の総額は約50万円ほどになると言われています。

不慮の事故で、タイで骨折をしてしまった場合の治療費は36500円以上かかると考えられ、日本であれば、部位にもよりますが、15000円ほどなので、倍以上という事になります。

日本で盲腸になってしまった場合は、入院費も含めて、約40万円ほどが相場ですが、国民皆保険が7割負担してくれるため、実質の負担は残りの3割、つまり10万円前後になりますよね。

かりに短期の旅行であっても、何が起こるかもわかりません。万が一の時に備えておくことは、大切なことだと思います。 

高額な「海外旅行傷害保険」に入る必要はありません

海外旅行保険といっても、高額は保険に加入する必要はないと思います。クレジットカードに付帯している旅行保険で充分です。

結論だけ言ってしまえばクレジットカードに付帯している旅行保険を使うことができます。

一般的に、海外旅行保険が自動付帯され、なおかつ、携行品の損害補償まで付いたクレジットカードは、まず年会費無料ではほとんど無いのではないでしょうか。

しかし、エポスカードであれば年会費「永年無料」です。補償額に関しては、傷害治療費用200万円まで、疾患治療費用にいたっては270万円まで補償と、あらゆる年会費無料のクレジットカードに比べて補償額が大きいので安心です。

つまり200万円(傷害治療費用)もしくは270万円(疾患治療費用)までであれば、キャッシュレス診断に対応していますから、現金不要でタイの病院にて医療行為を受けることが可能です。

そしてタイ旅行中に、何かトラブルに巻き込まれた際にお問合わせできる「タイ国内の緊急連絡先」をエポスカードは準備しています。(※もちろん、タイ以外のほとんどの国の緊急連絡先が用意されています)

エポスカードの補償額

海外旅行保険におけるエポスカードの補償額を、まとめてみました。

 年会費  無料!

 付帯条件  自動付帯(出国から最大90日間)引受保険会社  三井住友海上火災保険株式会社

 死亡・後遺障害  500万円

 傷害治療費用  200万円

 疾病治療費用  270万円

 賠償責任  2,000万円 

 携行品損害  20万円

上記からもお分かりの通り、海外旅行保険の補償額もかなり大きいです。そのため私はエポスカードを、お勧めいたします!

タイ「バンコク」海外旅行の費用を節約する為に 航空機はLCCを使いましょう

タイ、バンコクになるべくお安く行くには、LCCの利用がベストではないでしょうか。LCCで行くだけで旅費を、かなりお安くすることができます。乗機時間は、片道約5時間半位です。

タイへ行く代表的なLCCはエアアジア。往復の航空券が2万円近くて、取ることができます。フルキャリアだと、往復6万円近くかかるので、かなり安くなりますよね。

ただLCCは飛行機に乗る以外の他のものは、すべてオプション料金がかかります。オプションで何かつけると、航空券の2万円にプラス5000円位から1万円位、別途必要になる感じになると思います。

機内持ち込みの手荷物は7キロまでです。

別途ブション料金がかかるもの。

座席指定、受託手荷物(機内持ち込みではなく、預ける手荷物)、機内食、ブランケット、水やジュースなどの飲み物などは、別途料金が必要になってきます。

代表的な、エアアジアは便も多く、往復2万円位でチケットを取ることが可能です。

ただ例外があり、お盆や年末年始、GWは旅行する日本人が多いため、値上がりします。

安くタイ、バンコクに行きたいと思うのであれば、それらの長期休みには、重ならないようにするといいですね。

タイ「バンコク」旅行を、簡単に、お得に予約する方法

バンコクツアーならHISが圧倒的に安い

航空券・ホテル・食事つきで、タイ4日間のツアーが2万円代位からあることがあります。

往復の航空券だけでも4万円近くはかかるので、かなりお得なツアーだと思います。

航空券の予約も簡単で、わかりやすいです。

旅行会社の中では圧倒的にHISが安いです

関連記事

先日タイに行ってきました もともと観光とかには全く興味はなく、海外旅行と言えば、これで4回目です。 今回は、1年前からとても仲良くなり、お互いの国の事、お互いのことを話し合っているうちに、お互い尊敬し[…]

 

関連記事

タイ、バンコク旅行の続きになりますが、滞在したトンブリー地区について、記事にします。 タイ 「トンブリー地区」街並み トンブリー地区はバンコクのチャオプラヤー川の東側に広がる、古き良きバンコク、といった雰囲気があ[…]

関連記事

タイ, バンコクはまだ2回目で、よくわからないことも多いのですが、よく日本人が買うお土産、私が立ち寄ったお店を紹介しておきたいと思います。 タイのお土産どこで買う? 皆さん同じだとは思う[…]

最新情報をチェックしよう!