タイ「バンコク」の喫煙に関して「タイでの喫煙」実際どうなの?

タイでの喫煙はいったいどうなってるのということで、実際の喫煙事情に関して記事にしました。

「タイ」にタバコを持ち込める量

タイへのたばこの最大持ち込み量は一人当たり、紙巻タバコは1カートン。200本が制限の最大量です。

それ以上のタバコを持ち込んでしまった場合は、もちろん没収と同時に、罰金が課されます。

罰金は、1カートンあたりおおよそ4,785バーツ 日本円で約18,000円位、の罰金が科せらるようです

財務省関税局(Custom Department)と物品税局(Excise Department)の2つの税局に払うことになるため場合によっては数十万以上の金額を請求さる場合もあるみたいです。

ご注意してくださいね!

電子タバコ 加熱式タバコの持ち込み

タイでは、「電子タバコ禁止条例」が、2014年に発令されました。

それにに基づき電子タバコは持ち込み、利用、所持どれも違法にあたります。

実際に、日本の方でも、逮捕され、罰金を支払わされた方もおられます。

電子タバコには、私も使用している、加熱式タバコの「アイコス」「グロー」「プルーム」などの種類も入ります。

基本的な法律は、電子タバコの所持で逮捕された場合、懲役10年、罰金、日本円で170万円以上などと言われています。

タイ「バンコク」での、タバコのポイ捨てに関して

タバコのポイ捨てに関しては、日本もタイも、基本的にはよくありませんよね。

ポイ捨てを警察官に取締りにあった場合は、罰金2000バーツ、日本円で(約7000円)を払わないといけません。

基本的に、日本と同じくマナーは守ったほうがいいと思います。

タイ「バンコク」でのタバコ購入

タイでは、コンビニ、セブンイレブンが、そこら中にあります。

そちらで、日本よりも少しお安く購入することができます。

価格は、60バーツから120 バーツくらい、マルボロが、120 バーツ、日本円で440円位ですかね。でもタイで販売されているタバコのパッケージを見ると、たばこを吸う気持ちがなくなります(>_<)

タイ「バンコク」での喫煙、実際どうなの?

日本同様に、レストランなど室内では全面禁煙のお店がとても多いです。

私も最初タイに行く前は、ネットで事前に調べて、やれ罰金だ逮捕だと、書かれてある記事が多く心配していたのですが、実際には喫煙に困ることもありませんし、 喫煙所もありますので困ることはないのではないでしょうか。

一緒に同行してくれたタイの方も、私が心配しすぎと、笑っていました。

ねぇねぇ ほんとにこここでタバコ吸っていいの???
大丈夫って言ってるでしょ 気にしすぎ

ドンムアン空港の禁煙看板

面白かったのは、ドンムアン空港で、禁煙の看板、この看板の近くでタバコを吸っている方達がおられて、少し笑えます。しかし 基本的にはルールは守ってくださいね。

格安航空チケットはこちらから

関連記事

一般的に海外の医療費は日本よりも高額だと言われてますが、タイの医療事情はどうなっているのでしょうか。 タイの病院の医療水準 タイの病院の医療水準は、バンコクなど主要都市の公立基幹[…]

関連記事

先日タイに行ってきました もともと観光とかには全く興味はなく、海外旅行と言えば、これで4回目です。 今回は、1年前からとても仲良くなり、お互いの国の事、お互いのことを話し合っているうちに、お互い尊敬し[…]

関連記事

タイ、バンコク旅行の続きになりますが、滞在したトンブリー地区について、記事にします。 タイ 「トンブリー地区」街並み トンブリー地区はバンコクのチャオプラヤー川の東側に広がる、古き良きバンコク、といった雰囲気があ[…]

 
最新情報をチェックしよう!